産後の体の回復と貧血対策

産後の体の回復、疲れや貧血を改善していく方法をご紹介

葉酸欠乏性貧血を防ぐためにできること

妊娠中や産後は通常よりも多くの血液が必要になり、貧血との戦いとも言えます。貧血の主な原因としては、鉄分の不足がよく知られていますよね。これは鉄欠乏性貧血と言い、貧血のやく8割が鉄分不足によるものです。貧血の中には、葉酸が不足することによって起きる「葉酸欠乏性貧血」と呼ばれるものもあります。

産後に起こりやすい葉酸欠乏性貧血とは

葉酸欠乏性貧血とは

葉酸欠乏性貧血とは

葉酸欠乏性貧血とは、その名のとおり、葉酸が不足することによって起こる貧血の症状のことをいいます。

葉酸は妊娠中から産後にかけて、通常よりも必要な量が多くなり、赤ちゃんの体の成長にも、ママの体の回復に不可欠の栄養素です。

普段の生活で常に多めに摂ることを心がけていないと、不足してしまいます。

葉酸は赤血球を作るために必要な栄養素の一つで、造血のビタミンとも言われている栄養素です。

そのため、葉酸が不足すると、赤血球中の核酸の合成が正常に行われず、赤血球を造るための細胞分裂がうまくいかなくなります。

その結果、赤血球になる前の細胞である赤芽球が大きくなってしまうのです。

赤血球が正常に作られないと、血液が酸素を体中に運ぶことができずに貧血が起こってしまいます。この未成熟で異常な赤芽球を巨赤芽球と呼ぶことから、葉酸欠乏性貧血は巨赤芽球性貧血とも呼ばれています。

葉酸欠乏性貧血の予防方法

葉酸欠乏性貧血の予防方法

葉酸欠乏性貧血の予防方法

葉酸欠乏性貧血を予防するために重要なのは、まず十分な葉酸を摂取することです。葉酸をしっかりと摂っていれば葉酸欠乏性貧血は改善されていきます。

産後には、1日あたり340µgの葉酸を摂取することが必要と言われています。これは野菜で言うとブロッコリー6株分にもなります。この量を毎日摂取するのは現実的な話ではありません。

さらに、葉酸は食事から摂る場合は、かなり吸収されにくい栄養素ということが知られています。

水溶性のビタミンでもあるため、水に溶けだしてしまったり、熱に弱いので加熱することで失われてしまいます。
そのため、食事のみで必要な量を摂取するのは難しくなっています。

葉酸が不足しないようにするためには、サプリメントなども上手に取りいれるのが一番おすすめです。

サプリメントは吸収率が良くなるよう一緒に他の栄養素も含まれ、必要量を摂取しやすくなっています。

また、葉酸欠乏性貧血の原因は葉酸の不足だけでなく、ともに赤血球を作るために必要なビタミンB12の不足などでも起こるもの。

日頃からバランスのよい食事を心がけ、足りない分はサプリメントで補うようにしましょう。

貧血におすすめヘム鉄配合サプリメント

美めぐり習慣 美めぐり習慣

 - 産後の葉酸摂取