産後の体の回復と貧血対策

産後の体の回復、疲れや貧血を改善していく方法をご紹介

産後に食欲不振になっても貧血を改善していく方法とは

命を懸けた出産を終えると休む暇もなく赤ちゃんのお世話が始まります。体の回復もや授乳など、栄養をしっかり取らないといけない産後ですが、食欲不振になってしまう場合もあります。栄養が十分に摂れていないと、めまいやふらつきなどの貧血の症状が出るほか、体の調子も悪くなってしまいます。何とか、元気を取り戻したいですね。

産後に食欲不振になってしまう原因とは

産後の貧血、食欲不振を乗り切ろう

産後の貧血、食欲不振を乗り切ろう

栄養をしっかりと摂らなければいけない産後。でも、食欲不振に悩まされているママは実は多くいます。食欲がわかない原因はさまざま。

原因を知って、少しでも対策ができたらいいですね。赤ちゃんも家族も、元気なママが一番です。

なれない育児での極度の疲れ

出産という大仕事を終えた後にすぐに始まる育児。夜中でもミルクがほしくて泣く赤ちゃんのお世話やおむつ替え、ママが休む暇はありません。

体を休める暇もなく、疲れがたまってしまい、食欲不振に陥ってしまうというのが一番多い理由です。

仕事でもたくさん働いた後は、疲れすぎていて眠れない、そして食欲も出てこない、ということがありますよね。育児でも、疲れすぎてしまうと食欲不振になってしまうのです。

2,3時間おきにミルクを欲しがる赤ちゃんに生活を合わせなければいけないので、なかなか睡眠もとれません。ですが、睡眠が少なくなると食欲も落ち、疲れも取れなくなり悪循環になってしまいます。

難しいかもしれませんが、赤ちゃんが寝ていえる間は家事をするのではなく、一緒に少しでも長く寝てしまいましょう。体を休めれば頭もすっきりして、食欲もわいてくるはずです。

産後うつの可能性も

「産後うつ」になると、食欲不振になってしまいます。

産後うつになるママは多く、疲れた体にさらに「完璧にやらなくては」というストレスや育児のストレスがプラスされ、うつ状態になってしまいます。

産後はホルモンバランスもくずれ、精神が不安定になりやすいとき。そんな時にプレッシャーを感じると、うつ状態になってしまいます。産後うつかも?!と感じるママは約40%もいるというデータも出ているそうです。

気が付かない間に産後うつになっていた、そんなこともあるかもしれません。

食欲不振やマイナス思考、集中力の低下や不眠、自己嫌悪感が強くなったなどの症状が現れていたら産後うつかもしれません。一人ですべて抱え込まずに、周囲の力をかりることも考えてみましょう。

友達や育児の先輩に話を聞いてもらったり、外に吐き出すことで感じていたストレスも軽くなるはず。産婦人科や行政サービス、電話相談など、活用できるものはどんどん活用していってくださいね。

産後に食欲不振でも貧血の症状を改善する方法

産後に食欲不振でも貧血の症状を改善する方法

産後に食欲不振でも貧血の症状を改善する方法

産後の食欲不振、原因はさまざまです。栄養を摂らなければ!でも食べれない!でも食べなくては!と考えることもプレッシャーになってしまうかもしれません。

食べたくないのに食べなくてはいけないのはつらいことです。

そんな時は無理に食べなくても良いのではないでしょうか?好きなものだけを食べる。食べたいものだけを食べる、食べれる時だけ食べる。そんなスタンスでも良いでしょう。

ただ、産後は体の回復、赤ちゃんへの授乳のことも考えて栄養は十分に摂っておきたいところですよね。栄養が不足すると、産後の体の回復が遅くなるほかにも、病気をしやすくなったり、貧血の症状が現れてくることもあります。

特に妊娠中から産後、貧血の方は鉄分をしっかりと取っておきたいですよね。ですが、お医者さんから処方される鉄剤も吐き気などの副作用がある場合がり、食欲不振に拍車がかかってしまうかもしれません。

そんな時こそ、栄養価の高い栄養ドリンクやサプリメントを活用しながら乗り切っていきましょう。好きなものを少しずつ、食べれる分だけ食べて、あとはサプリメントやドリンクで、効率よく補っていくのも方法です。

どうしても調子が悪い、貧血の症状が良くならない、という場合は出産した産婦人科や近くの婦人科や内科を受診してくださいね。

貧血におすすめヘム鉄配合サプリメント

美めぐり習慣 美めぐり習慣

 - 産後の貧血対策 , ,