産後の体の回復と貧血対策

産後の体の回復、疲れや貧血を改善していく方法をご紹介

産後の体の回復、生理の再開の時期はいつ?

妊娠、出産というのは、体が変化したり、体力を消耗したりと女性の体にとってはかなり負担のかかる大きな出来事です。そして出産を終えると、徐々に体調が回復し、妊娠する前の状態に戻っていきます。子宮なども元の状態に戻り、ホルモンバランスが整って排卵があれば、生理が再開します。

産後は無理をせずに体の回復をしよう

産後の体の回復

産後の体の回復

産後の体というのは、妊娠や分娩による負担で疲労しているものです。そのため、体力もかなり消耗しています。

この体力の回復ももちろん重要ですが、もっと重要なのは妊娠によって変化した体が元の状態に戻ること。妊娠で変化した体は、6~8週間くらいかけて、ゆっくりと妊娠前の状態に戻っていきます。

まず子宮や産道は徐々に元の大きさに戻り、出産のために開き切っていた骨盤も元の状態に戻っていくのです。

しかし、産後にあまり無理をしてしまうと、元に戻るはずの骨盤が歪んだままになってしまったり、回復が遅くなる場合があります。

産後すぐは無理をせず、赤ちゃんのお世話だけを中心に行うようにし、体力と体の回復に努めましょう。上の子がいるとなかなか休む時間も取れないかもしれませんが、旦那様や周りの方に頼って、無理をしないことが大切です。

産後に無理をしてしまうと、出血が多くなって体調が悪くなってしまったり、貧血の症状が出てきてしまいます。

産後の生理の再開の時期はいつ頃?

生理の再開はいつ?

生理の再開はいつ?

産後の生理が再開する時期には個人差があり、人それぞれです。早い人では産後2ヶ月ほどで再開する人から、1年以上かかる人もおり、平均は14ヶ月程度と言われています。

このようにかなり個人差があるため、再開が遅いと心配になってしまう人もいるようです。

再開時期には個人差がありますが、一つの目安として、授乳中は生理が再開しにくいというのが挙げられます。これは授乳によって分泌される、プロラクチンというホルモンの影響によるものです。

プロラクチンには排卵を抑制する作用があると言われていますが、排卵がなければ生理も起こりません。

そのため、授乳中は生理が再開しにくいと言われているのです。

しかし、完全母乳ではなく授乳の回数が少ない場合などは、プロラクチンの分泌量も少ないため、授乳中でも生理が再開する可能性は十分あります。

生理が再開しても、以前と周期が違っていたり、経血の量が違う場合があります。ホルモンバランスが戻って、体はだんだんと戻ってきていますが、それでも100%妊娠前の体の状態とは限りません。生理痛も軽くなる場合や重くなる場合もありますので、焦らずに体の調子を見ていきましょう。

もし、以前と違いすぎたり、経血の量や周期に不安を感じる場合は産婦人科に相談してみましょう。

貧血におすすめヘム鉄配合サプリメント

美めぐり習慣 美めぐり習慣

 - 産後の貧血対策 , ,