産後の体の回復と貧血対策

産後の体の回復、疲れや貧血を改善していく方法をご紹介

高齢出産は産後貧血になりやすい?!普段から気を付けたいこと

近年増えている高齢出産。40歳を超えて出産する女性も多いですね。高齢出産といわれる年齢は35歳からですが、20代と比べると妊娠中や産後のトラブルも起きやすくなることは事実。貧血もその一つです。

高齢出産は産後に貧血になりやすくなる

高齢出産だと産後に貧血になりやすい?!

高齢出産だと産後に貧血になりやすい?!

今では35歳以上での出産も珍しくなくなりました。芸能人も、40歳以上で出産している方はいますね。それだけ、女性の社会進出も増え、体の年齢も若くなってきているといえるでしょう。

高齢出産が多くなったとはいえ、それでもリスクは伴います。

胎児へのリスクもありますが、母体へのリスクも高くなるのが高齢出産です。

妊娠中は「妊娠高血圧症候群」、以前は「妊娠中毒症」と呼ばれていたものです。妊娠中、高血圧、蛋白尿、浮腫などの症状が現れることをいいますが、高齢出産ではその症状が出る確率が高くなります。

その他にも、難産になりやすくなったり、産後の回復が遅い、などがリスクとして挙げられます。

そして、妊娠中はただでさえ貧血になりやすいのですが、高齢出産の場合は貧血になる確率もさらに上がってしまいます。新しい命を授かることは素晴らしいことですが、高齢になればリスクは増えてしまいます。

今まで貧血になったことがない方が突然貧血になったり、分娩時に難産で出血が多かったりすると、どうしても貧血気味になってしまいます。分娩時に出血がなかなか止まらない、ということも起こりえます。

さらに、高齢出産といわれる年齢で出産した場合、産後の回復に時間がかかると感じることがあるかもしれません。特に2人以上出産されている方は、1人目との違いを顕著に感じるかもしれませんね。

母体にリスクもある高齢出産。無理をせず、体を休めながら体を回復していってくださいね。

バランスのとれた食事、栄養をしっかり取ろう

栄養をしっかり摂ろう

栄養をしっかり摂ろう

産後の貧血を改善していくには、栄養のバランスのとれた食事、特に和食を中心に鉄分やビタミンを十分に摂ることが理想的です。

ですが、忙しい産後。なかなか毎回食事を作ることも難しいですよね。貧血の症状がひどく、体を動かせない日もあるかもしれません。

そんな時はネット通販を利用したり、食事の宅配サービスを利用するのも方法です。体を休めながら、しっかりと栄養を摂って体を回復させてくださいね。

そして、効率よく鉄分やビタミンを摂取するため、サプリメントを活用するのも良いでしょう。妊娠中から飲んでいる葉酸サプリメントに鉄分も入っているようであれば、続けて飲んでみてください。

貧血の改善にはビタミン群の葉酸も欠かせない栄養素です。

もしも今飲んでいるサプリメントがなければ、鉄分やビタミンが入ったサプリメントを一つ手元に置いておくと心強いですよ。

貧血におすすめヘム鉄配合サプリメント

美めぐり習慣 美めぐり習慣

 - 産後の貧血対策 , ,