産後の体の回復と貧血対策

産後の体の回復、疲れや貧血を改善していく方法をご紹介

産後の骨盤の歪みは貧血に似た症状も現れる

妊娠、出産は体に様々な影響を与えますが、お腹が大きくなることによって、骨盤への負担というのはかなり大きくなります。実は出産後には、骨盤が開ききってしまっていたり、歪んだりと大きな影響が出るもの。骨盤が歪むと体の血流が悪くなり、体に様々な影響が出てきてしまいます。

産後に骨盤が歪みやすくなる理由

骨盤の歪みは妊娠中から?!

骨盤の歪みは妊娠中から?!

妊娠中は、ホルモンの影響などで靭帯が緩み、骨盤が開きやすくなっています。分娩の際、赤ちゃんが通る産道を確保しなければならないため、妊娠中に赤ちゃんが成長するにつれ、骨盤は徐々に開き、出産時は最大に大きくなるのです。

妊娠中にストレスがかかったり、無理な体勢などをとっていると、妊娠中から骨盤が歪んでしまいます。特に妊娠後期はお腹が大きくなり、運動不足になりやすいため、骨盤を支えている筋力も低下し、骨盤が歪みやすくなってしまいます。

また、産後にもこのように大きく開いた骨盤が緩んでいるため、変形しやすい状態のままになっているのです。

産後は、通常6ヶ月ほどかけて骨盤が元に戻っていきますが、この時期は良い影響も悪い影響も受けやすくなっています。

そのため、注意しておかないと骨盤が歪んだままになってしまう恐れがあります。

骨盤の歪みで血流が悪くなったときの影響とは?

骨盤の歪みの影響

骨盤の歪みの影響

骨盤が歪んでいると、体には様々な影響が出ます。まず、骨盤が歪むことで血流が悪くなり、そうなると当然代謝が落ちてしまいます。

産後は、なるべくなら妊娠前の体型に戻したいと考える人がほとんどですよね。しかし、代謝が落ちてしまうとダイエットの効果がなかなか現れず、産前の体型に戻すのがとても困難になります。

また、腰痛や股関節痛などの痛みが出たり、便秘になりやすくなることから、肌荒れなどの症状が出る場合もあるのです。

そして冷え性、生理不順や生理痛、むくみなどの症状を引き起こしてしまう可能性もあります。体へめぐる血が少なくなってしまうので貧血に似た症状、倦怠感や足腰が冷え眠りにくくなるなどといったことも起きてきます。

産後の骨盤の歪みを防ぐには、妊娠中から骨盤のケアをしっかりしておくことが重要。また、産後は産後2ヶ月頃~を目安に骨盤矯正をしておくと良いでしょう。

貧血におすすめヘム鉄配合サプリメント

美めぐり習慣 美めぐり習慣

 - 産後の貧血対策