産後の体の回復と貧血対策

産後の体の回復、疲れや貧血を改善していく方法をご紹介

産後の貧血対策にプルーンを食べるのは間違いだった?!

産後の鉄分摂取、貧血対策といえば、プルーンを思い浮かべる方も多いのではないのでしょうか?プルーン入りのヨーグルトやプルーンのドライフルーツ、鉄分摂取を目的に食べたことがある方も多いはず。プルーンの鉄分含有量ってそんなに多いのでしょうか?他の食材と比較して驚くべきことがわかりました。

プルーンの鉄分含有量とは

産後の貧血にプルーン

産後の貧血にプルーン

結論から言うと、プルーンに入っている鉄分の量はそれほど多くありません。

100gにつき、ドライプルーンの場合は1.0mgになります。この量は他の果物と比べると確かに多いのですが、プルーンだけを食べて十分な鉄分が摂取できるかというとそうではありません。

例えば、1日に推奨されている鉄分摂取量は10mgですが、この量をプルーンで補おうとした場合、ドライプルーンを1,000g、つまり1kg食べなければいけないのです。

プルーン1kgってそう食べれるものではありませんよね。プルーンは糖分も高く、カロリーもあるので、鉄分を摂ろうとプルーンだけ食べていた場合、糖分の摂りすぎ、そして太ってしまうことが考えられますね。

ただ、ドライプルーンは調理せずにそのまま食べられてとてもお手軽。おやつ代わりに食べるにはもってこいですね。プルーンには鉄分の他に、ビタミンAやビタミンE、カリウムや葉酸なども含まれています。

果物の中では栄養価が高いといえます。

プルーンを食べるときに覚えておきたいのは、このプルーンだけで鉄分不足を解消するのは難しいこと、そして高カロリーなので食べすぎに注意、という点です。

忙しいときのおやつには活用したい果物ですが、頼りすぎないようにしてくださいね。

産後の貧血対策におすすめの食材

産後の貧血におすすめの食材

産後の貧血におすすめの食材

産後に貧血の貧血を解消していくためにおすすめの食材をご紹介します。プルーンだけでなく、普段の食事にも鉄分が多く入った食事を摂り入れてみてくださいね。

鉄分には動物性の「ヘム鉄」と植物性の「非ヘム鉄」があります。吸収率が良いのは動物性の「ヘム鉄」の方なので、鉄分をしっかり摂りたい場合は、動物性の「ヘム鉄」と、鉄分の吸収率を良くする「ビタミンC」を一緒に摂取するのがおすすめです。

例えば、肉類であれば、赤身やレバー、魚類であれば、かつお、あさり、しじみなどに「ヘム鉄」が含まれています。このような食材をビタミンCが入っている野菜などと一緒に食べることで吸収率もぐんとアップします。

例えば、レバニラ炒めに野菜サラダをたっぷり、食後にビタミンCたっぷりのイチゴやキウイのヨーグルトなどをデザートにしても良いですね。

バリエーションはたくさんありそうです。ポイントは、吸収率の高い「ヘム鉄」と吸収率を上げるビタミンCを一緒に摂取することです。

もしも忙しくて食事を用意する時間がない、食べる時間がない、というときはこの「ヘム鉄」と「ビタミン」が配合された鉄分補給サプリメントに頼ってみるのも方法ですよ。サプリメントは手軽なので、一つあっても良いかもしれません。

貧血におすすめヘム鉄配合サプリメント

美めぐり習慣 美めぐり習慣

 - 産後の貧血対策 , ,