産後の体の回復と貧血対策

産後の体の回復、疲れや貧血を改善していく方法をご紹介

産後の貧血になりやすい2つの理由とその対処方法

女性は妊娠すると赤ちゃんに栄養を届けるために、妊娠していない時よりも血の量が必要になり貧血になりやすくなります。妊娠時に貧血の症状を感じた方も多いでしょう。特に妊娠後期は胎児も大きくなり貧血の症状悩まされることが多くなります。しかし、産後も貧血になりやすいいため、対策が必要です。

産後に貧血になりやすい2つの理由

産後に貧血になりやすい理由

産後に貧血になりやすい理由

産後に貧血になりやすい理由としては、主に2つあります。

妊娠期からの貧血が継続

まずは妊娠中からの貧血がそのまま継続している、ということ。

妊娠中にはお腹の中で赤ちゃんを育てるために血液量が普段よりも必要になり、貧血になってしまうことが多くなります。

特に妊娠後期はお腹の中の赤ちゃんも大きくなり、赤ちゃんへ栄養を運ぶために大量の血液が必要になってきます。その量は通常の40%増ともいわれ、母体に血液が足りていないというケースが多くあります。

そしてそのまま出産すると、産後も母乳を出すために血液量が必要なため、貧血は改善しない場合が多いのです。

分娩時の大量出血、出血が止まらなかった場合

もう一つの原因は、分娩時の大量出血などによるもの。分娩時には出血が少なからずありますが、状況によっては大量出血になってしまう場合もあります。

その場合、その影響から貧血になってしまうケースも多いのです。

また、産後には夜中の授乳や慣れない子育てなどで睡眠不足になったり、疲労がたまりやすいのも特徴。

そういったことから体調不良を引き起こすことも多く、それが貧血という形で表れてしまう場合もあるのです。

産後の貧血の症状とは?

産後の貧血の症状とは?

産後の貧血の症状とは?

貧血の症状としては、倦怠感やめまい、立ちくらみ、動悸、顔面蒼白などが挙げられます。出産時に出血量が多い場合、出産後に鏡を見て血の気のがないと感じることもあるでしょう。

赤ちゃんを抱っこして立ち上がる時などにひどい立ちくらみやめまいなどを感じる場合があります。そのまま倒れてしまわないよう注意しましょう。

また、動悸や息切れが激しかったり、吐き気がする場合などは別の疾患が隠れている場合もあるので、病院を受診しておくのがおすすめです。

産後の貧血はどの科にかかればよいか迷ってしまうこともあるかもしれませんが、まずは出産した産婦人科で相談してみましょう。貧血以外の疾患の可能性がある場合は他の病院を紹介してもらえます。

産後の貧血、しっかりと鉄分を補給していこう

鉄分を補給しよう

鉄分を補給しよう

貧血の対処方法としては、やはり鉄分の補給が重要になってきます。出産後に貧血がひどい場合には、病院で鉄剤が処方されたり、点滴をすることもあります。

鉄剤が処方された場合は、しっかり飲むようにするのが大切です。体に合わない、便秘がちになるという場合もありますが、処方されたお薬は飲み切るようにしましょう。

自分でも食生活に注意し、意識して鉄分を多く含む食材を摂りいれるようにしましょう。産後は赤ちゃんのお世話でとても忙しい時です。

食べる時間が取れない、食欲がわかない、という時は鉄分を補給できるサプリメントや補助食品を摂ることも方法の一つです。

また、無理をしないというのも重要な対処方法です。産後2週間頃までは特に無理をせず、赤ちゃんのお世話以外のことは家族に頼るようにし、なるべく体を休めるようにしましょう。

産後の貧血は多くの方が経験しています。症状が疲れと間違えやすいので、体調に気を付けながら鉄分を積極的に摂っていきましょう。

貧血におすすめヘム鉄配合サプリメント

美めぐり習慣 美めぐり習慣

 - 産後の貧血対策 , , ,