産後の体の回復と貧血対策

産後の体の回復、疲れや貧血を改善していく方法をご紹介

妊娠中から産後の授乳中まで推奨されている葉酸の摂取量とは

葉酸は妊娠中の女性にとってはとても重要な栄養素であることが近年では浸透されつつあります。特に妊娠初期には葉酸を十分摂取しておくことで、胎児の先天性奇形のリスクを低下させることがよく知られています。しかし、葉酸の摂取が重要なのは、何も妊娠初期に限ったことではありません。妊娠前から妊娠後期まで通して必要なのはもちろん、産後にも葉酸を十分摂取することが大切なのです。

産後・授乳中の葉酸摂取の必要性

産後・授乳中の葉酸摂取の必要性

産後・授乳中の葉酸摂取の必要性

葉酸には様々な効果があることが知られています。

そのうちの一つは、造血作用です。

血液中の赤血球を造るためには葉酸が必要なため、葉酸が不足することで葉酸欠乏症となり貧血になってしまう場合があります。

特に産後は出産時に大量に血液を失う場合もあり、更に母乳には血液が必要なことから、貧血になりやすくなっています。

そのため、鉄分と共に葉酸が体内で不足することがないよう、十分摂取する必要があります。

また、産後は妊娠、分娩でダメージを受けた母体が回復するための時期。

特に子宮が早く回復することは、その後の生活が楽になるためとても重要なことです。

そしてこの子宮の回復にも、実は葉酸が役に立つと言われています。葉酸には、細胞を活性化させる作用があるため、体の回復のためには重要な栄養素なのです。

赤ちゃんがおなかの中にいる時、活発な細胞分裂を促すために葉酸の摂取が推奨されていますが、出産後の回復な必要な体も細胞分裂を繰り返していて細胞の活性化が必要になっています。

そして、その細胞活性化の効果は、母乳を通して赤ちゃんにも伝わり、体の成長が促されます。

このようなことからも、葉酸は妊娠中だけでなく産後、そして授乳中にも摂取が推奨されている栄養素なのです。

産後・授乳中に葉酸はどのくらい摂取すべき?

葉酸の摂取量

葉酸の摂取量

産後・授乳中にはどのくらいの量の葉酸を摂ればよいのでしょうか。

葉酸の摂取量の目安としては、厚生労働省から推奨値が提示されています。

それによれば、妊娠していない通常の成人で1日240µg、妊婦さんで480µgとなり、産後の授乳中の場合には340µgとされています。

なお、上限値は1,000µgとされています。

過剰摂取で心配されることは、発熱、かゆみ、呼吸障害、蕁麻疹なのですが、葉酸は水溶性ビタミンのため、多少摂りすぎたとしてもその分は尿として排出されるたそれほど神経質になる必要はありません。

サプリメントなどを利用する場合にも、表記にある通り一日あたりの容量を守っていれば、問題はありません。

貧血におすすめヘム鉄配合サプリメント

美めぐり習慣 美めぐり習慣

こちらの記事もおすすめです

 - 産後の葉酸摂取, 産後の貧血対策 ,