産後の体の回復と貧血対策

産後の体の回復、疲れや貧血を改善していく方法をご紹介

妊娠中や産後の貧血には植物性の鉄分の摂取がおすすめ

妊娠中も貧血になりやすいと言われていますが、分娩の時に大量の出血があると産後も貧血を引きずってしまう可能性があります。産後は赤ちゃんのお世話で忙しくもなりますので、自分のことは後回しにしがち。食べ物も簡単なもので済ませてしまうと、貧血がなかなか改善しない場合があります。鉄剤を処方してもらうのも方法ですが、毎日の食事で植物性の鉄分を摂取していくのもおすすめです。

妊娠中から鉄剤を処方してもらうというのも方法

出産前からすでに貧血が出ている場合は、産婦人科で鉄剤を処方してもらうというのも一つの方法です。貧血は自分での自覚症状はほとんどない場合も多く、少し立ちくらみを感じる程度というママも多いようです。

産後の貧血対策

産後の貧血対策

そんな状況の中、出産で大量出血をしてしまうと、貧血がひどくなりお産用のベッドから立ち上がれないほどになってしまうこともあります。そして母乳育児が始まると貧血はどんどん加速していってしまいます。

貧血の時は、かかりつけの産婦人科に早目に相談しましょう。産後の入院中は注射による貧血の治療もあり、退院後はまた鉄剤を処方されることもあります。ただ、鉄剤との相性が悪いママもいるようで、注射にしても服薬にしてもすぐに気分が悪くなってしまうということもあります。

妊娠中も産後も鉄分はとても大事です。もし鉄剤との相性が悪い場合はなんとか服薬をやめられるように食事療法で鉄分を補給できるようにするといいですね。

鉄分の多い食べ物はレバーがよくあげられますが、これは苦手な人も多いですね。特に妊娠中はあまりお勧めできる食材ではありません。

実は他にも鉄分を多く含む食材は多くあり、植物性の鉄分を含むほうれん草、ブロッコリー、小松菜、ひじきなども積極的に摂取するのがおすすめです。

小松菜のような野菜は鉄分だけでなく他の栄養素も豊富で、しかも母乳にもいいともいわれており、まさに貧血と母乳に最適な食材ということで、できれば毎日でも食べたい食材ですね。

他にも鉄分の多い食材は和食を作りやすいので、油分も少ない健康的な食生活も送ることができます。

産後に貧血の症状を引きずってしまっている場合は鉄剤などでも改善できますが、鉄剤との相性があまりよくない場合は鉄分を多く含む植物性の食材を毎日の食事に積極的に取り入れることがおすすめです。

 - 産後の貧血対策 ,