産後の体の回復と貧血対策

産後の体の回復、疲れや貧血を改善していく方法をご紹介

産後の発熱、産褥熱が起きる原因とその対処方法

女性にとって分娩というのは命を懸けた大仕事。とても体力を使うものですよね。出産後には出血による貧血、体力、抵抗力の低下や疲れなどもあり、体調が思わしくない人もいるでしょう。そんな中、熱を出してしまう人も少なくありません。産後熱がある状態が続く場合は、治療が必要な場合もありますので早目に病院を受診しましょう。

産褥熱の原因は主に感染によるもの

産褥熱とは

産褥熱とは

分娩が終わり、体が妊娠前の状態に回復するまでの期間を産褥期と呼びます。
産褥期とは主に出産後6~8週間の時期を指すもので、通常このくらいの期間で、子宮が元の状態に戻っていきます。

そして産褥熱とは、分娩後24時間が経過した後、10日以内に2日以上38度を超える高熱を出した状態のこと。

では、産褥熱はなぜ起こるのでしょうか。

産褥熱が起こる原因は、基本的には感染によるものが一般的です。例えば、分娩時には内診や会陰切開などで様々な傷が生じます。

そういった傷口から大腸菌などの細菌が入り、感染してしまった結果、発熱をしてしまうのです。

また、子宮内に胎盤が残ってしまった結果、そこから感染してしまい産褥熱を引き起こす場合もあります。
妊娠中から出産後は分娩での出血による貧血であったり、免疫力、体力ともに低下しているため、細菌感染などの影響を受けやすいと言えるでしょう。

産褥熱が出た場合、熱とともに悪臭のある悪露が排出されたり、子宮内膜炎などが起こってしまう場合もあるようです。

産褥熱が続く場合早目の受診を

熱が続く場合は受診を

熱が続く場合は受診を

産後は体力の低下や慣れない育児での疲れなどから、発熱してしまう人は少なくありません。1日程度ですぐに熱が下がった場合は、特に気にする必要はないでしょう。

しかし、2日以上熱が下がらない場合には、産褥熱として治療しなければいけません。

基本的に、原因は感染症によるもののため、抗生剤が投与されることが多いでしょう。
しかし、悪露や胎盤が滞留してしまっていることで熱が出てしまった場合には、治療の中で取り除く必要があります。

産褥熱は放置するとその他の病気を引き起こすこともあるため、早めの治療を心がけましょう。

貧血におすすめヘム鉄配合サプリメント

美めぐり習慣 美めぐり習慣

こちらの記事もおすすめです

 - 産後の貧血対策 , ,