産後の体の回復と貧血対策

産後の体の回復、疲れや貧血を改善していく方法をご紹介

産後の体の回復に大きく貢献するのが母乳育児

赤ちゃんは生まれてからしばらくは母乳やミルクから栄養をもらい、その栄養だけで成長します。もちろん市販のミルクも、赤ちゃんにとっての栄養はしっかり考えられているため、ミルクの育児でも問題はありません。しかし、母乳で育てることには、赤ちゃんにも母体の回復にもメリットがたくさんあるのです。

母乳には赤ちゃんが必要な栄養素と免疫が含まれる

母乳育児の赤ちゃんへのメリット

母乳育児の赤ちゃんへのメリット

母乳にはママが摂取した栄養素も含め、赤ちゃんにとって必要なたんぱく質やミネラル、ビタミンなどの栄養素が全てバランスよく含まれています。

特に初乳と呼ばれる母乳は産後1週間の間にしか分泌されず、この母乳には免疫グロブリンという成分が入っています。

これは赤ちゃんの消化管の病気、感染などを防ぐ効果があります。おなかの中にいる時はママの羊水に包まれていましたが、外に出るとあらゆる雑菌やウィルスが赤ちゃんに侵入しようとします。まだ免疫力の低い赤ちゃんを守ってくれる大切な成分です。

産後1週間だとまだ母乳が出にくい時期かもしれませんが、初乳はぜひ赤ちゃんに飲ませてあげたい一番最初の母乳です。

母乳はママが毎日食べるものによって含まれる成分は違ってはきますが、ミルクよりも消化不良を起こしにくく、まだ十分に発達していない新生児の胃腸に優しいというのも母乳のメリットです。

顎を使うことで脳や運動神経の発達を助ける

母乳を飲むためには、赤ちゃんもかなり力を使うため、あごの力が鍛えられて咀嚼機能が発達します。

哺乳瓶を使ってもあごは使いますが、比較的弱い力でもミルクが出てくるように作られているものが多くあります。母乳は吸う力が必要になってくるので、赤ちゃんのあごの筋力もだんだんとついてくるようになります。

あごの筋肉を使うことで、脳に刺激が伝わり運動神経や脳の発達にも効果があるのです。

母乳を飲むためにあごを使い鍛えておくことで、成長してからもよく噛んで食べる、という習慣をつけやすくなります。

母乳育児は母体を回復させる働きがある

母乳育児は母体を回復させる

母乳育児は母体を回復させる

母乳育児をすることには、赤ちゃんだけでなくママの体の回復にも大きなメリットがあり、その一つが産後の体の回復に大きく役立ってくれるということです。

赤ちゃんがおっぱいを吸うことでママの体からはオキシトシンというホルモンが分泌され、子宮の収縮作用を助ける効果があります。

もちろん母乳育児をしていていなくても体は徐々に回復していきますが、このオキシトシンというホルモンが妊娠中に通常の1000倍にも大きくなった子宮の収縮を手助けしてくれるというわけです。

産後、このオキシトシンの分泌が少ないと子宮の収縮が止まる「子宮復古不全」という症状になりやすいと言われています。

子宮復古不全になる女性は多く、一般的には子宮収縮剤を用いて子宮を収縮させたり、感染症を引き起こしている場合は抗生物質で治療をします。

母乳育児で体の負担が減り回復の助けに

母乳をあげるにはミルクのように手間がかかりません。

お湯を沸かしたり、哺乳瓶を消毒する必要がないといので疲れた体をしっかりと休める助けにもなります。

特に産後間もない体での2時間おきのミルク、夜中のミルクは重労働です。睡眠不足が続くと、体の回復も遅れ、体調を崩す原因にもなってしまいます。

直接母乳を与えることで哺乳瓶などの後かたずけの手間もなく、衛生的でもあります。

赤ちゃんにとってもママに抱っこされて肌のあたたかさを感じ、信頼感・安心感に包まれ眠ることができますね。

母乳育児は産後の体型を戻す

母乳をあげるということは摂取した栄養を外に出すことになるため、妊娠中に増えた体重を元に戻しやすくなると言われています。実際、授乳している時の消費カロリーは一日約500キロカロリー程度と言われています。

500キロカロリーとは10キロをジョギングをして消費するほどのカロリーですから、結構な消費量です。

授乳をしている場合は無理に産後のダイエットをしなくても、自然に体型が戻っていくのはこのためですね。授乳が終わる一年後には妊娠前の体に戻ったというママも多くいます。

ですが、栄養が必要だからと言って大量に食べすぎると体型も元に戻りにくくなってしまいますので、ある程度の注意は必要かもしれません。

良い母乳を出すためには休息と栄養が必要

休息と栄養が必要

休息と栄養が必要

赤ちゃんにしっかりと栄養を届けるため、そしてママの体の回復のため、良い母乳を出すことも大切です。

しっかりと良い母乳を出すにはどのようにすれば良いのでしょうか?

最初は母乳は出にくいかもしれませんが、赤ちゃんが欲しがる度に吸わせているとだんだんと出てくるようになってきます。

そして大切なのが水分補給と食事です。水分は一日2リットルを目安にお水やノンカフェインのお茶などを中心に摂るようにすると良いでしょう。

食事は根菜などを入れて和食を中心に一日3食しっかりと食べることです。甘いものや脂っこいもの、お餅などは乳腺が詰まってしまう可能性があるので、授乳中は大量に食べないようにしましょう。

乳腺が詰まり、母乳の出が悪くなると母乳の味が変わってしまい、赤ちゃんが飲まなくなってしまうということもあります。いろいろな食材をバランスよく食べることがとても大切です。

そしてあとはしっかりと休息をとることです。産後はいろいろと無理をしてしまいがちです。

少し時間があると、洗物をしたり家事をしたりしたくなってしまいますが、そこはぐっとこらえて、赤ちゃんと一緒に少し横になって体を休めるようにしましょう。その間に子宮も回復していき、良い母乳が赤ちゃんのために作られていきますよ。

もしも食事だけでは栄養が摂取しきれていないと感じていたり、産後の体の回復が遅い、産後になりやすい貧血の症状を感じる場合は、赤ちゃんと産後のママに必要な栄養がしっかりと入ったサプリメントもあります。

無理して食事を摂ろうとせず、辛い時はサプリメントを活用していくのがおすすめです。

貧血におすすめヘム鉄配合サプリメント

美めぐり習慣 美めぐり習慣

こちらの記事もおすすめです

 - 産後の体の回復 ,