産後の体の回復と貧血対策

産後の体の回復、疲れや貧血を改善していく方法をご紹介

分娩時の出血は1リットル、その後貧血に

妊娠中は妊娠中期を過ぎると、おなかの赤ちゃんも大きくなり成長してくるため、栄養を届けるために血が必要になってきます。そのため、この頃から貧血の症状を感じることも少なくありません。そして、妊娠中に貧血になっていると産後もその貧血を引きずってしまう可能性が高くなります。特に分娩時に出血が多いと、その後の貧血はひどくなることが多いので注意が必要です。

妊娠前の貧血が産後にも

妊娠前からの貧血

妊娠前からの貧血

もともと妊娠前から貧血で、妊娠中もずっと指摘され鉄剤を処方されていました。出産後も貧血が続くのかもしれないと思っていたところ、出産時には一リットルの出血がありました。

いきみで会陰が裂けただけでなく、重複子宮という特殊な子宮のため膣中隔という膣の中の壁のようなものが裂けてしまったので、その壁を切除し、縫合したため大量の出血があったようです。

おかげで縫合の後はフラフラしてしまい、赤ちゃんに初乳はあげられませんでした。

そして入院中は経口の鉄剤だけでなく注射でも鉄剤をいれることになり、看護師さんには顔を合わせるたびに「体調は大丈夫?」と言われていました。

退院後も完全母乳のため、赤ちゃんに栄養が取られ、また寝不足により立ちくらみやめまいがずっとしていました。

このままではいけないと思い、新生児訪問で来ていただいた助産師さんに相談の上、まずは食事から見直すことにしました。

和食中心の食事で休める時は休息を

食べ物で改善

食べ物で改善

和食中心の食事にして、ひじきや大豆など鉄分が多いと思う食材を積極的にとり、牛乳もよく飲むように心がけました。
食事だけでは補えないと思い、赤ちゃん用品店で売っている授乳中でも飲める栄養ドリンクやサプリメントも併用しています。

また、赤ちゃんが寝ている時には自分も仮眠をとるようにしてできるだけ体を休めるようにしています。まだ、体は完全に戻っていないのか時々立ちくらみがしますが、だいぶよくなってきたと思います。

また和食中心の食事がよかったのか、母乳もよく出ている気がします。

 - 産後の貧血体験談 , ,